グルコサミンの効能を解説。

CMでもお馴染みのグルコサミンは、関節痛を緩和する効果に注目されていますが、体内での効能はこれだけではありません。
こちらではグルコサミンの効果効能を詳しく解説しています。また、効率よく作用を活かす為の摂取方法も紹介しています。

グルコサミンの関節への効能とは。

多くの方が悩み苦しんでいる関節痛は、その殆どが軟骨の減少によって骨と骨が接触することで起こります。

グルコサミンは、軟骨の弾力性と柔軟性を作る「プロテオグリカン」と主材料となるだけではなく、軟骨細胞を刺激することで新たな「プロテオグリカン」の生成を促進させる働きがあります。

これまでにも多くの研究が行なわれており、「変形性膝関節症」に対しての研究では、グルコサミンとコンドロイチンの併用によって、約1年間で50%以上の人の関節が完全再生されたとの臨床結果もあります。

グルコサミンの効果に注目が集まるのは、一時的に痛みを緩和するのではなく、痛みの原因のもとを断つことができるからです。

美肌作りや血流改善にも役立ちます。

潤いのある肌を保つことは、肌の美容にとって最も大切なことです。
グルコサミンは体内でヒアルロン酸やコンドロイチンの材料となり、生成を促進させる効果がありますので、グルコサミンの摂取は結果的に美肌作りに繋がります。

また、グルコサミンには、血小板の凝集作用を抑制して血流をスムーズにする働きがあることも明らかになっています。
この作用によって、血栓が原因で引き起こされる、動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病などの予防にも効果が期待されています。

グルコサミン&コンドロイチン

グルコサミンの効果を効率良く活かす為には、コンドロイチンの存在が欠かせません。

これは、グルコサミンは新しい軟骨の形成を促し、コンドロイチンは軟骨分解酵素の働きをコントロールして軟骨を守る為です。

グルコサミン&コンドロイチンは協力し合って、軟骨基質を正常化し、細胞レべルで効果を発揮します。

海外では、両者を併用しての有効性が多くの臨床試験などで認められています。

コンドロイチンの効果についてはコンドロイチンとは?をご覧下さい。

注意事項!

・本サイトのご利用は【グルコサミンの効果や副作用】にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 【グルコサミンの効果や副作用】 All Rights Reserved.