コンドロイチンの副作用を解説。

ゼリア新薬のコンドロイチンzsなど医薬品成分として用いられているコンドロイチンはサプリメントでも人気となっています。
こちらではコンドロイチンの副作用や医薬品との相互作用、摂取時の注意ポイントなどを紹介しています。

コンドロイチンを摂取するには。

関節痛を緩和するだけではなく、美肌作りや健康増進にも欠かせないコンドロイチンは、実はもともと体内で生成される成分です。

しかし、加齢とともに体内の生成量は減少してしまうことが明らかになっています。

体内での生成量が不足すると、関節に不具合が生じてしまったり、肌トラブルを招く原因となってしまいますので、不足分を、日常の食事やサプリメントなどを利用して上手に補いましょう。

コンドロイチンは、ネバネバした動物性の食品に含まれています。
例えば、フカヒレ、ウナギ、スッポン、ドジョウ、鶏の軟骨や皮などです。
また、普段の食事では馴染みの無い食品ですが、熊の手の平、鹿茸(シカの生えたての角)、鶏冠、クジラの脳軟骨などにはコンドロイチンの宝庫と言われるほど豊富に含まれています。

コンドロイチンの副作用について。

もともと体内で生成される成分ですので、安全性が高く、経口摂取による副作用としては稀ですが上腹部痛や吐き気を引き起こす場合があります。
臨床試験では、下痢や便秘、まぶたの腫れなどが報告されています。

点眼薬として用いたコンドロイチンの副作用としては、眼圧の上昇や目の不快感、白内障手術後の角膜の浮腫などが知られています。

筋肉内注射においては、安全性が示唆されています。

摂取時の注意点について。

喘息の方や血液凝固不全の方は症状を悪化させる場合がありますので注意して下さい。

ワルファリン(抗凝固薬)との併用は、薬の作用を増強させる可能性がありますので、服用中の方は医師に相談の上、摂取することをお薦めします。

また、出血のリスクを高める可能性があるハーブやサプリメントとの併用は、出血のリスクが高くなる可能性がありますので注意して下さい。(イチョウ葉やノコギリヤシなど)

注意事項!

・本サイトのご利用は【コンドロイチンの効果や副作用】にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 【コンドロイチンの効果や副作用】 All Rights Reserved.