グルコサミンの副作用を解説。

関節痛を緩和する効果に高い注目が集まっているグルコサミンは、最近ではCMでもお馴染みとなっています。
こちらではグルコサミンサプリメントの副作用や摂取時の注意ポイントなどを紹介しています。

グルコサミンの摂取するには。

軟骨の再生を促し、関節痛の緩和効果に期待されているグルコサミンはもともと体内で生成される成分です。

しかし、加齢とともに、また肥満や運動不足などによって体内の生成量は減少してしまうことが明らかになっています。

体内での生成量が不足すると、関節に不具合が生じてしまいますので、不足分を、日常の食事やサプリメントなどを利用して上手に補いましょう。

しかし、カニやエビなどの甲殻類の外皮を形成するグルコサミンは、普段の食生活で食べる習慣はない上に、食べたとしてもキチン質は消化されずに排出されてしまいますので、実際にはサプリメントを利用しての摂取が理想的です。

グルコサミンの副作用について。

安全性が高い成分ですので、硫酸グルコサミン及び塩酸グルコサミンともに軽い胃腸症状 (鼓腸、ガス、さしこみなど) は報告されていますが、重大な副作用は現在のところ報告はされていません。

ただし、妊娠中や授乳中の安全性については、使用を避けることを勧めます。

硫酸グルコサミンは短期間(週2回の投与で6週間まで)適切に用いれば筋肉注射でも安全性が示唆されています。

摂取時の注意点について。

グルコサミンは糖の1種であり、糖尿病患者が塩酸グルコサミン又は硫酸グルコサミンを使用したことによって血糖値が上昇したとの報告がありますので、糖尿病、高脂血症 (脂質異常症) 又は高血圧のリスクのある方は、医師に相談の上、摂取することをお勧めします。

若い方が長期間グルコサミンを摂取した場合、自然な軟骨再生力を弱めるとの情報がありますので、若い方が安易に長期間使用することはお勧めできません。

高用量のコンドロイチン硫酸と高用量のグルコサミンの併用はワルファリン(抗凝血薬)の作用を増強する可能性を示唆した報告がありますので、服用中の方は注意して下さい。

注意事項!

・本サイトのご利用は【グルコサミンの効果や副作用】にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 【グルコサミンの効果や副作用】 All Rights Reserved.