各社のグルコサミンサプリメントを紹介。

グルコサミンは、いまや代表的なサプリメントで様々なメーカーからサプリが販売されるほど人気です。
こちらでは、DHC、大正製薬、オリヒロ、富士フィルム、サントリー、健康家族など人気のグルコサミンサプリメントを紹介しています。

人気のグルコサミンサプリメント。

グルコサミンは、健康で元気な毎日を送りたい方に欠かせない成分である為、今では人気サプリメントの1つとなっています。

現在では、非常に多くのメーカーから販売されており、選ぶ側もどれが良いのか判り難くなっています。

また、多くのグルコサミンサプリメントがカニやエビを原材料にしていますので、甲殻類等にアレルギーを持っている方は注意して選ぶ必要があります。

下記に、人気メーカーのグルコサミンを紹介していますので、上手なサプリメント選びに役立てて下さい。

DHCのグルコサミン。

化粧品・健康食品・ダイエット・ファッションなど多岐に渡り商品を提供しているDHCのグルサコミンです。

通販はもちろんドラッグストアやコンビニでも購入でき、低価格であることから、手軽に購入できることで人気です。

「グルコサミン 30日分」は、えび・かに由来のグルコサミン塩酸塩を、1日目安量6粒で約1,860mg摂取できます。

他の有効成分の配合は特にありません。

大正製薬のグルコサミン。

国際的に通用する新薬の継続的な創出体制を持つ大正製薬のグルコサミンです。

製薬会社が販売しているサプリメントであることから、高い品質が好評となっています。

「大正グルコサミン」は、エビやカニなどから抽出された純度98%以上のグルコサミンが使用されており、1日目安量6粒で約1,500mg摂取できます。

他の有効成分の配合は特にありません。

オリヒロのグルコサミン。

健康食品の総合メーカーとして、より高い水準での安心・安全な商品を提供できるよう最新鋭の製造システムを構築しているオリヒロのグルコサミンです。

CMでもよく見かけるメーカーであり、製品の品質と安全性の確保を図っていることで知られています。

「グルコサミン&コンドロイチン」はトウモロコシ由来の糖を原料としており、1日目安量12粒で約1,500mg摂取できます。

他の有効成分として、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン含有)・フッシュコラーゲンペプチドを配合しています。

富士フィルムのグルコサミン。

写真業界のパイオニアとして70年以上にわたり写真フィルムの研究開発を続けてきた富士フィルムのグルコサミンです。

富士フイルムグループの人々の「クォリティ・オブ・ライフのさらなる向上に寄与する」という新たな企業理念のもとに開発されています。

「グルコサミン&コラーゲン」は、一般的なグルコサミンの約3倍の効率で働くと言われている「N-アセチルグルコサミン」を使用しており、1日目安量5粒で約500mg摂取できます。

他の有効成分として、低分子マリンコラーゲン・サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン含有)・ヒアルロン酸を配合しています。

サントリーのグルコサミン。

CMや広告でもお馴染みのサントリーのグルコサミンです。

「水と生きる」をコーポレートメッセージに掲げる企業として、これまでも数多くの人気のサプリメントを販売していますが、グルコサミンサプリメントは、中でもロングセラーの人気となっています。

「グルコサミン&コンドロイチン」は、1日目安量6粒で約1,200mg摂取でき、こちらでは紹介していませんが摂取し易いように顆粒タイプも販売されています。

他の有効成分として、サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン含有)を配合しています。

健康家族のグルコサミン。

「伝統食品を現代へ」「美味しく安心なものを」「健やかに、美しく」の3つをテーマにしている健康家族のグルコサミンです。

アレルギーの方でも安心して摂れるようにトウモロコシ由来のグルコサミンを使用しています。

「植物生まれのグルコサミン」は、1日目安量7粒で約1,200mg摂取できます。

他の有効成分として、MSM(メチルスルフォニルメタン)、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン含有)を配合しています。

各社のグルコサミンを参照する際に。

上記で紹介しているサプリメント情報は一部であり、また内容や製品のモデルチェンジ等もあるかと思いますのでご購入に際には、各社サイトで確認して下さい。

なお、販売店とのトラブルは一切責任をもてませんので、予めご了承下さい。

注意事項!

・本サイトのご利用は【グルコサミンの効果や副作用】にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 【グルコサミンの効果や副作用】 All Rights Reserved.