グリシンの効果。

睡眠の質を高める働きに期待されているグリシンはアミノ酸の1種です。
古くから食品添加物として私たちの身近な存在である成分ですが、最近では、多様な作用に注目され、サプリメントとしても利用されています。
当サイトでは、グリシンの効果や副作用などについて紹介しています。

グリシンで睡眠レベルをアップ!

近年の社会は、仕事や人間関係、生活環境など様々なストレスが存在し、「ストレス社会」とも呼ばれています。

ストレスは、心身の不調として様々な現れ方をしますが、特に「睡眠の質の低下」に繋がることが多いようです。

睡眠は、心身の疲労回復、免疫機能の向上、病気等の治癒促進など様々な大切な働きを支えています。

つまり、睡眠の質が低下することは、これらの機能が正常に作用し難くなり、結果的に様々な不調に繋がるのです。

グリシンは、『睡眠の質を高める』効果に期待されており、快適な眠りを必要とする現代社会人にとって、救世主的存在として話題を集めています。

下記より、グリシンの効果や副作用について解説していますので、ぜひご覧下さい。

グリシンって何?

グリシンとはアミノ酸の1種で、食品添加物として私たちの生活を支えている成分です。

皆さんもよくご存知のとおりアミノ酸は、皮膚や骨、内臓や筋肉などを作っているとても大事な栄養素です。

コラーゲンを構成するアミノ酸の約1/3はグリシンであり、他にもヘモグロビンの材料なったり、神経伝達物質としても活躍しています。

また、睡眠の調節に関与していることが報告されてからは、質の良い睡眠を得る効果に期待され、サプリメントとして人気を高めています。

食品では、肉類(牛、豚、鶏)やホタテ、エビやカニ等に多く含まれています。

グリシンは太古の地球にも存在していたと考えられている最も古いアミノ酸です。
また、アミノ酸の中では最も分子量が小さく、体内に広く分布しています。

また、タンパク質を構成するアミノ酸の1種として、グリシンからは、クレアチニンやグルタチオン等の生理的に重要な物質が生合成されることが知られています。

話題の成分、グリシンの効果とは。

グリシンの代表的な効能を下記に紹介しています。

睡眠の質を高め、快眠効果に期待されています。

コラーゲンの構成成分となり、ハリのある肌を作ります。

保湿作用や抗酸化作用を持ち、美肌作りに役立ちます。

脳に作用して血管を広げ、血液の流れを良くします。

血中コレステトールを低下し、高血圧や脳卒中の予防に役立ちます。

睡眠への作用については、こちらに詳しく解説しています。

副作用や欠乏症などについて。

グリシンは、副作用などのリスクが殆ど無いと言われていますが、極稀に悪心、嘔吐、上部消化管の不調など起こる場合があるとされています。

グリシンが不足すると、コラーゲン生成が低下し、肌荒れや関節痛などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。
また、寝つきが悪くなり、不眠症などの原因となる場合もあります。

注意事項!

・サイト内の栄養素の効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ず信頼できる文献を再確認の上でご利用ください。

又、栄養素としてのグリシンの記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

リンク集

サプリメントの効果や副作用に戻る。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2011 グリシンの効果が全てわかる。 All Rights Reserved.