免疫力とラクトフェリン

様々な効果・効能に期待されるラクトフェリンですが、やはり代表的な働きとしては免疫力の向上が飛び抜けています。
こちらでは、ラクトフェリンの効果や体内での重要性を理解しやすいように、体の防御システムである免疫とラクトフェリンの関係について解説しています。

免疫とは?

免疫とは、言葉のとおり「疫を免がれる」という意味を持ち、体が持つ防御システムです。

病原菌ばかりではなく、自分の体と異なるタンパク質、つまり異物が体内に入り込むと、これらを排除しようとする機能が働きますが、これが「免疫」なのです。

人間は50歳位になると1日約5,000個のガンの芽が出ると言われていますが、このガンの芽は免疫力によってすぐに摘み取られ、ガンにかからないようになっています。
しかし、加齢とともに免疫力が低下してしまいますので、ガンをはじめとする様々な病気を引き起こしてしまうのです。

体内での攻防戦。

私たちの体は外敵(細菌やウイルスなど)の侵入にあうと、白血球がすぐに攻撃して体を守ってくれるようにシステムが構築されています。

白血球のうち、好中球や単球(マクロファージ)は、直接細菌を攻撃します。
これに対してリンパ球は免疫細胞といって、細胞性免疫のT細胞と液性免疫のB細胞に分類され、B細胞が抗体(攻撃する物質)を作って攻撃します。
実はこのリンパ球が体の抵抗力と密接な関係にあるのです。

この白血球が何らかの原因(放射線や抗ガン剤)などによって減少すると、たちまち体の抵抗力が減退し、肺炎などの感染症にかかりやすくなってしまいます。

免疫力を低下させる要因とは。

私たちの体は、免疫機能によって守られているわけですが、偏った食生活や過度なストレス、喫煙や老化などによって免疫力は低下してしまいます。

近年の日本人の食生活はどんどん変化しており、バランスを欠いた食事になっています。
また、化学肥料に頼りすぎた農地の土壌は劣化して、そこで栽培される作物には、ビタミンやミネラルなどの微量成分が以前よりかなり少なくなっています。

免疫力の低下を防ぐ為にも、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

ラクトフェリンと免疫力。

ラクトフェリンは、マクロファージやNK細胞、T細胞やB細胞を増強させて、免疫機能と抗ガン作用を活性化する働きがあります。

ラクトフェリンの効能によって、免疫力が向上することで様々な病気の改善が期待されています。下記にその一部を紹介しています。

C型肝炎の予防や改善

ガンの予防

胃・十二指腸潰瘍、食道炎の改善

ピロリ菌の除去

下痢の改善

貧血の予防や改善

体脂肪の蓄積抑制

口内炎や歯周病の予防

早産や子宮内膜症の予防

アトピー性皮膚炎や花粉症の予防

老化防止

注意事項!

・本サイトのご利用はラクトフェリンの効果にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2012【ラクトフェリンの効果や副作用】 All Rights Reserved.