コンドロイチンの効果や副作用。

コンドロイチン硫酸ナトリウムとして医薬品成分としても認可されており、副作用が殆どなく関節への効果が高いことから人気成分となっています。また、コラーゲンとともに美しい肌を作る効果にも注目されており、dhcやサントリーなどのメーカーからサプリが販売されています。コンドロイチン硫酸としては、ゼリア新薬から販売されているコンドロイチンZS錠が有名です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンドロイチンの幅広い活躍。

「コンドロイチン」という名を私たちが知ったのは、現代人の多くが苦しんでいる関節痛の緩和に効果的だと言われてからではないでしょうか。

実はコンドロイチンは、1930年代に偏頭痛に対する効果が報告されて以来、世界各国の医療施設で、内科・整形外科・皮膚科・眼科・耳鼻科などあらゆる方面の治療に応用され、高い効果をあげているのです。

その中には、ガンや動脈硬化、リウマチ、腎炎などの難治の病気に顕著な効果を示した例も多数あります。

現在では、優れた保水性を持つことから、美容への作用にも注目されており、化粧品成分としても用いられています。

下記よりコンドロイチンの効果等を詳しく解説していますので、ぜひご覧下さい。

コンドロイチンの効果とは?

下記に、代表的なコンドロイチンの効能を紹介します。

水分をしっかりキープして、肌の潤いを守ります。

コラーゲン繊維を正常に保ち、肌のハリを維持します。

血液をキレイにして、血管を若く保ちます。

骨を丈夫にして、骨粗鬆症を予防します。

目のトラブルを防ぎます。

余分な「血管新生」を阻止します。

詳細はこちらの詳しい効能を解説をご覧下さい。

コンドロイチンの副作用とは。

サプリメントを摂取する前に、確認しておきたいことに副作用の有無があります。

コンドロイチンは、もともと体内で合成されるために安全性が高く、重大な副作用は現在のところ報告はされておらず、稀に上腹部痛や吐き気、下痢や便秘などが起こる場合があるとされています。

また、喘息の方は、症状を悪化させる可能性がありますので注意が必要です。

摂取時の注意点についてはコンドロイチンの副作用とは?をご覧下さい。

ところでコンドロイチンとは。

コンドロイチンは、正しくは「コンドロイチン硫酸」といい、細胞と細胞同士をつなぐ結合組織の主要成分であるムコ多糖類の1種です。

ムコ多糖とは、人をはじめ陸上動物や魚介類のからだに含まれている「アミノ糖を含む多糖」のことであり、体内ではその殆どがタンパク質と結合した状態で存在しています。

ムコ多糖には酸性と中性のものがあり、コンドロイチンは酸性ムコ多糖に属しています。
酸性であるがためにマイナスに強く荷電しており、それがコンドロイチンの生理作用や薬理作用に大きく寄与していると考えられています。

コンドロイチンは、生体内分布の広さが飛びぬけており、体のあらゆる組織に存在して、体の働きを円滑にする『潤滑油』として活躍しています。

摂取量について。

コンドロイチンの上限量や目安量などの摂取量については、厚生労働省により特に定められていません。

国際栄養補助食品業界団体連合会の報告によれば、コンドロイチンの1日摂取量は1,200mgと発表されていますが、体重によって摂取量も変化するようです。
54kg以下の方であれば800mg、90kgの方であれば1,500mgが推奨されています。

また、グルコサミン&コンドロイチンとして摂取する場合には、グルコサミン5に対してコンドロイチン4が理想的だと言われています。

※当サイトは、【コンドロイチンの効果】やサプリメントの選び方。サイト内のデータを一部引用しております。

注意事項!

・サイト内のコンドロイチンの効果や効能等は、伝承による情報も含まれており、その内容を保証するものではありませんので、必ず信頼できる文献を再確認の上でご利用ください。

又、栄養素としてのコンドロイチンの記述をしており、サプリメント等の効果を保障するものでもありません。

・当サイトの内容によって生じたトラブル等については一切の責任は負えません。

リンク集

サプリメントの効果や副作用に戻る。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 【コンドロイチンの効果や副作用】 All Rights Reserved.