不溶性食物繊維の効果。

不溶性食物繊維は、きくらげやせん茶などの食品に多く含まれ、腸内環境を改善する効果だけではなく、有害ミネラルなどを排出する働きなどもあります。
こちらでは、効果や代表的な不溶性食物繊維などを解説しています。

不溶性食物繊維とは。

不溶性食物繊維は、腸内で水を吸収して数倍に膨れあがります。

この作用により、腸を刺激して、ぜん動運動を活発にさせることで便の排泄を促したり、腸内環境を改善します。

また、不溶性食物繊維は、水銀やカドミウムなどの有害ミネラルなどを、吸着して体外に排出する働きもあります。

代表的な不溶性食物繊維としては、カニやエビの殻に含まれる「キチンキトサン」、ごぼうなどに含まれる「イヌリン」などがあります。

不溶性食物繊維の効果。

不溶性食物繊維には、下記のような効果があります。

ぜん動運動を活発にして、腸内環境を改善します。

ナトリウムの排出を促し、高血圧を予防します。

コレステロールの排出を促し、生活習慣病を予防します。

有害ミネラルや老廃物の排出を促し、デットクスに効果があります。

発ガン性物質の排出を促し、大腸ガンの予防に期待されています。

代表的な不溶性食物繊維。

キチンキトサン

キトサンは、カニやエビの殻などから抽出されるキチンをさらに加工したもので、キトサンの中にはキチンが約16%ほど含まれていることからキチンキトサンと呼ばれています。

イヌリン

イヌリンは、ごぼうや菊芋などに多く含まれ、「低インスリンダイエット」でも有名です。
また、食品添加物としてもよく知られてます。

注意事項!

・本サイトのご利用は食物繊維の効果にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2011 食物繊維の全てがわかる。 All Rights Reserved.