水溶性食物繊維の効果。

水溶性食物繊維は、こんにゃくやらっきょうなどの食品に多く含まれ、腸内環境を整える効果だけではなく、糖尿病の予防などにも役立ちます。
こちらでは、効果や代表的な水溶性食物繊維などを解説しています。

水溶性食物繊維とは。

水溶性食物繊維は、繊維自体が水に溶ける為、体内でドロドロの粘性を持ちます。

この粘性を持って、コレステロールやナトリウムなどの排出を促進し、炭水化物の消化・吸収を緩やかにして食後血糖値の急上昇を抑制します。

また、水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境を整え、大腸の病気を防ぐ働きがあります。

代表的な水溶性食物繊維としては、こんにゃくに含まれる「グルコマンナン」、海藻類に含まれる「フコイダン」、鶏の軟骨や魚の目玉などに含まれる「コンドロイチン」などがあります。

水溶性食物繊維の効果。

水溶性食物繊維には、下記のような効果があります。

コレステロールや胆汁酸などの排出を促し、動脈硬化などを予防します。

ナトリウムの排出を促し、高血圧を予防します。

血糖値の上昇を抑え、糖尿病を予防します。

善玉菌を増やし、腸内環境を正常に保ちます。

炭水化物の消化・吸収を緩やかにし、ダイエットに役立ちます。

代表的な水溶性食物繊維。

グルコマンナン

グルコマンナンは、コンニャク芋の主成分です。

フコイダン

フコイダンは、海藻類の「ぬめり」成分です。
近年では、ガン細胞の自然崩壊させる作用を持つとして、注目を集めています。

コンドロイチン

コンドロイチンは、鶏の軟骨や骨、魚の目玉やフカヒレなどに多く含まれている、食物繊維の仲間で、正しくは「コンドロイチン硫酸」と言います。

注意事項!

・本サイトのご利用は食物繊維の効果にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2011 食物繊維の全てがわかる。 All Rights Reserved.