アスタキサンチンの効果について。

アスタキサンチンは、有名な抗酸化物質であるビタミンEやβカロテンに比べて、はるかに強力な抗酸化力を有しています。
その作用によって、体内に様々な効果を発揮しますので、しっかり摂取することが大切です。
こちらでは、アスタキサンチの持つ効果をわかりやすく解説しています。

アスタキサンチの代表的な効果。

アスタキサチンの代表的な効果を下記に紹介しますので、しっかり学んで下さい。

脳機能の低下を防ぎます。

脳のエネルギー消費量は全身の20%近くを占めており、エネルギーを生産する度に、脳内では絶えず活性酸素が発生し、脳細胞が攻撃されています。
また、脳の約半分は、活性酸素の標的となりやすい脂肪でできていますので、脳の抗酸化力を高い状態に保つことは、きわめて重要です。

優れた抗酸化作用だけでなく、脳関門を通過できるアスタキサンチンは、脳内の活性酸素を除去し、脳細胞を守る為に欠かせません。

目の健康を守ります。

加齢に伴う「白内障」は、紫外線によって発生した活性酸素によって、水晶体が酸化されることで起こります。

優れた抗酸化作用だけでなく、網膜関門を通過できるアスタキサンチンは、水晶体を酸化から守り、目を健康に保ちます。

また、この効果は、年とともにだんだん見え難くなる「加齢黄斑変性症」に対しても有効だとされています。

美肌作りを強力にサポートします。

紫外線によって発生した活性酸素は、肌の真皮にあるコラーゲンを破壊し、メラニン色素の発生を促し、肌のシワやシミなど様々な肌トラブルを招きます。

アスタキサンチンは、強力な抗酸化作用によって活性酸素を除去するだけではなく、プロビタミンA活性の効果もありますので、肌の健康を維持する為にも欠かせません。

動脈硬化を予防し、血行を改善します。

動脈硬化を促す危険因子として、LDLコレステロールが知られていますが、LDLコレステロールは活性酸素に酸化されることで、悪玉(LDL)コレステロールとなるのです。

アスタキサンチンは、LDLコレステロールの酸化を強力に抑制して動脈硬化を予防するだけではなく、同時に血管壁の酸化も防ぎますので、血行の改善にも欠かせません。

このような効果も期待できます。

ストレスに対する抵抗力を向上します。

精神的ストレスも、体内の活性酸素を増加する原因となります。
ストレスで胃炎や胃潰瘍が起こるのは、活性酸素が胃壁を攻撃する為であり、さらに矛先が脳や神経系に向かえば、自律神経系が侵され、心の病を招くことにもなります。
アスタキサンチンは、ストレスを避けられない現代人には必須と言えます。

ダイエットに役立ちます。

アスタキサンチンを摂取していると、運動のエネルギー源として、糖より脂肪が優先的に利用され、ダイエットに役立つとされています。
また、糖の利用が抑えられることから、疲労回復にも役立ちます。

筋肉痛を抑え、運動能力の低下を防ぎます。

筋肉が傷つく原因としては、物理的な負荷の他に、活性酸素も大きく関係しています。
筋肉が傷つくと、筋肉痛が起こったり、運動能力の低下に繋がります。
ワールドカップの際には、あの有名なベッカムがアスタキサンチンを常備し、摂取していたと言われています。

ガン予防に期待されています。

正常細胞のガン化を促進する活性酸素を除去するだけではなく、免疫力を向上する効果もありますので、ガン予防に期待されています。

注意事項!

・本サイトのご利用はアスタキサンチンの効果にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 アスタキサンチンの効果. All Rights Reserved.