アスタキサンチンの抗酸化力。

現代社会では、活性酸素の発生を促す因子が多く存在し、それとともに抗酸化物質にも注目が集まっています。
ビタミンEやβ-カロチンなど強力な抗酸化物質が存在する中で、なぜアスタキサンチンにこれほど注目が集まるのかを解説しています。
しっかり学んで、アスタキサンチの効果を活かして下さい。

アスタキサンチンは希少な抗酸化物質。

近年、体内での活性酸素の悪さに対して、抗酸化物質の存在に注目が集まっています。

ビタミンEやβカロテンなど強力な抗酸化物質が存在する中で、アスタキサンチンは飛び抜けた存在となっています。

これは、アスタキサチンが他の抗酸化物質が通過できない「脳関門」や「網膜関門」を通り抜けることができる為です。

これにより、脳や目といった重要な器官を酸化から守ることができるのです。

アスタキサンチンの優位性。

アスタキサンチンが大きな効果を発揮するのには、その構造も関係しています。

ビタミンCなどの抗酸化物質は、細胞の水の部分に溶け込み、外側から酸化を防ぎます。
ビタミンEやβカロテンなどは、細胞膜に溶け込み、内側から酸化を防ぎます。

アスタキサンチンは、細胞の膜に取り込まれた後、膜の層に沿って縦に構えます。
細胞膜を縦貫することで、細胞の内側と外側の両方で、その効果を発揮するのです。

アスタキサンチンの驚異的な抗酸化力。

体内には、もともと抗酸化酵素と呼ばれる活性酸素に対抗する成分があります。

しかし、加齢とともに抗酸化酵素の合成量が徐々に減少する為に、食品由来の抗酸化物質に注目が集まっています。

ビタミンCやビタミンE、βカロテンは代表的な存在ですが、その中でも脂に溶けるビタミンEとβカロテンは、過酸化脂質も抑えることから、天然の抗酸化物質の中では両雄とされ、人気を集めています。

アスタキサンチンも同じく脂溶性の抗酸化物質で、過酸化脂質を抑えます。

しかし、注目すべきはその抗酸化力で、βカロテンの40倍、ビタミンEの100〜1000倍と言われており、食品由来の抗酸化物質で最高レベルなのです。

また、紫外線によって発生する毒性の強い活性酸素「一重項酵素」に対して、顕著な効果を発揮すると言われています。

注意事項!

・本サイトのご利用はアスタキサンチンの効果にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2011 アスタキサンチンの効果. All Rights Reserved.