アスタキサンチンを上手に摂取しよう。

優れた抗酸化作用を持つアスタキサンチンは、海産物の中でも特に鮮やかな赤橙色の濃いサケやキンキなどの食品に多く含まれています。アスタキサンチの持つ効果は、すばらしいものばかりですので、食品やサプリメントで上手に摂取して、不足しないようにしましょう。
こちらでは、上手な摂取方法やアスタキサンチを多く含む食品などを紹介しています。

アスタキサンチンの上手な摂取方法。

アスタキサンチンは、海産物の中でも、特にアスタキサンチン特有の鮮やかな「赤橙色」の濃い食品に多く含まれています。

代表的なものには、サケやキンキ、エビやカニなどがあります。

アスタキサンチンは熱に強く、水に溶けにくいので成分ですので、サケなどの食品をどのように調理しても、あまり失われる心配がありません。

しかし、キンキやキンメダイ、メバルなどの皮の赤い魚は、皮の部分にしたアスタキサンチが含まれていませんので、皮ごと食べる必要があります。

また、カニやエビなどは、殻にアスタキサンチンが豊富に含まれていますので、殻ごと食べられるサクラエビやワカリガニがお勧めです。

下記に、アスタキサンチンを多く含む食品を紹介していますので、上手に摂取して下さい。

アスタキサンチンを多く含む食品。

アスタキサンチンを含む代表的な食品を紹介します。
食品100g当りに含まれるアスタキチン量を記載していますので、ぜひ参考にして下さい。

紅サケ 2.5〜3.5mg
銀サケ 0.8〜2.0mg
白サケ 0.3〜0.8mg
キングサーモン 1.0〜2.0mg
カラフトマス 0.1〜0.5mg
キンキ、キンメダイ(皮) 2.0〜3.0mg
イクラ、スジコ 0.8mg
毛ガニ(身) 1.11mg
車エビ(身) 0.66mg
甘エビ(身) 0.99mg

毎日摂取する為には。

アスタキサンチンは、様々な調理法で食することができますが、多く含む食品の数には限りがあり、よほどの魚好きでなければ毎日の摂取は難しいかもしれません。

特に、肉中心の食生活の方や、魚が苦手な方には、現実的な話ではありません。

そのような場合には、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

サプリメントであれば、毎日しっかりとアスタキサンチンを摂取することができます。

注意事項!

・本サイトのご利用はアスタキサンチンの効果にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 アスタキサンチンの効果. All Rights Reserved.