摂取量や副作用の解説。

話題の栄養素アスタキサンチンの摂取量や多く含む食品、副作用などについて解説しています。
非常に優れた抗酸化作用を持ち、脳や目の酸化を防ぐ上でも有効な抗酸化物質なので、しっかり摂取することが大事です。
日々の食品から摂取にしくい場合はサプリメントを利用するもの良いでしょう。

アスタキサンチンの摂取量について。

アスタキサンチンの1日当たりの摂取量は、特に定められていません。

これまでの研究結果などによると、健康維持を目的とした場合は、0.6〜1g/日で十分だとされています。

また、何らかの改善に効果を期待する場合には、1〜3g/日を目安に摂取すると良いとされています。

アスタキサンチンの副作用について。

現在のところ、アスタキサンチンの摂取による副作用は報告されていません。

ヘマトコッカス藻由来のアスタキサンチンを6mg/日の摂取量を中心に、20mg/日まで4週間反復摂取させた臨床試験においても、有害作用や異常事例は見出されていないと報告されています。

ただし、構造的に類似するカロテノイド類では、網膜の結晶化と視力の減退が1例報告されていますので、アスタキサンチン使用中に視覚の変化がみられた場合には、直ちに中止するように言われています。

食品添加物にも使用されています。

アスタキサンチンは厚生労働省より食品添加物としての使用が許可されています。

ただし、鮮魚介類等には使用してはならないと使用基準が定められています。

EU諸国においては養殖サケ・マス類(飼料中100ppm以下)、また米国ではサケ科魚類(飼料中80ppm以下)の色調強化に使用されています。

食品添加物としての使用を許可されているアスタキサンチンは、安全性が非常に高いと言えるでしょう。

注意事項!

・本サイトのご利用はアスタキサンチンの効果にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサーリンク

Copyright (C) 2011 アスタキサンチンの効果. All Rights Reserved.