代表的なポリフェノールを解説。

数多くあるポリフェノールですが、その中でも代表的な
カテキンやアントシアニン、大豆イソフラボンなどを紹介
しています。
ポリフェノールは、全て抗酸化効果を持っていますが、
個々に独自のすばらしい効果も持っています。

レスベラトロール

レスベラトロールとは、赤ワインに含まれることで脚光を集めているポリフェノールで、食品としてはブドウの果皮や落花生の種皮に含まれています。

ポリフェノールの代表的な効果である抗酸化作用はもちろん、長寿の遺伝子とされている「サーチュイン遺伝子」を活性化させる効果に注目が集まっています。

また、放射線から身を守る働きにも期待されており、近年、特に注目を集めているポリフェノールです。

レスベラトロールの解説。

カテキン

カテキンとは、お茶に含まれるポリフェノールで、特に緑茶に多く含まれています。

ポリフェノールの代表的な効果である抗酸化作用はもちろん、体脂肪を燃焼させる働きが確認されてからは、ダイエット効果にも注目されています。

また、抗菌作用もあり、虫歯菌や口臭の原因となる菌を殺菌にも役立ちます。

カテキンの解説。

アントシアニン

アントシアニンとは、ブドウやブリーベリー、ビルベリーに多く含まれるポリフェノールです。

ポリフェノールの代表的な効果である抗酸化作用はもちろん、目の健康を保つ効果があり、現代社会人には欠かせないとされています。

これは、目の網膜にあるロドプシン(紫色の色素)の再合成を促進するだけではなく、視力を回復させる作用がある為です。

アントシアニンの解説。

イソフラボン

イソフラボンとは、大豆に多く含まれているポリフェノールで、「大豆イソフラボン」と呼ばれることが多いようです。

ポリフェノールの代表的な効果である抗酸化作用はもちろん、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを持ち、肌の新陳代謝や生理不順の緩和、更年期障害の緩和などに効果があるとされ、特に女性に人気です。

イソフラボンの解説。

ルチン

ルチンとは、蕎麦の実や小麦胚芽に多く含まれているポリフェノールで、「ビタミンP」と呼ばれることもあります。

ポリフェノールの代表的な効果である抗酸化作用はもちろん、毛細血管を強化して内出血を防ぐ働きがあり、医薬品としても承認されています。

ルチンの解説。

ギンコライド

ギンコライドとは、イチョウの葉にのみ含まれるポリフェノールです。

ポリフェノールの代表的な効果である抗酸化作用はもちろん、花粉症やアトピー、喘息などのアレルギー症状の発生を抑制する効果もあります。

イチョウ葉には、ギンコライドを含むポリフェノールが多く含まれており、抽出物であるイチョウ葉エキスは、海外では医薬品としも承認され注目を集めています。

ギンコライドの解説。

タンニン

タンニンとは、ワインやお茶に含まれるポリフェノールで、特に、柿に多く含まれています。

タンニンは、カテキンが酸化(重合反応)されたもので、ポリフェノールの代表的な効果である抗酸化作用はもちろん、体臭を抑える効果で注目され、加齢臭対策として人気です。

注意事項!

・本サイトのご利用はポリフェノールの効果にある注意事項!をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2011 ポリフェノールの効果. All Rights Reserved.